当ページのリンクには広告が含まれています。 ライフハック

話題のロカボダイエットで二週間で4kgやせました!

二週間後に、定期健診を控えたある日のことです、やばいやせなくては!と前から気になっていたロカボダイエットに取り組んだらみるみる体重が落ちてびっくりです。

わずか2週間で 71.4kg → 67.4kg

昨年は、メタボ予備軍で特定健康指導(いわゆるメタボ指導)の対象になっていたのですが、今年は見事にスルーすることができました

なぜ2週間で4kgもやせられたのか?その経験談となぜロカボダイエットはやせやすいのかを説明するよ!!

話題のロカボダイエットとは

ロカボダイエットとは、糖質や炭水化物を制限するだけで、カロリーについては気にしなくてもよいダイエットのことです。

カロリーの制限はなく、食べられる種類を気を付けるだけでみるみる痩せました(以下、“やす”の個人的な体験を記載していますので、すべての人に同様の効果がでるとは限りません)。

ヒトの体は、糖質や炭水化物(分解されて糖質になる)があると体内のエネルギー源として、優先的に糖質を消費しようとします。その結果、過剰な糖質や脂質、タンパク質などを体内に脂肪としてため込むことになります。

ヒトが進化をした頃どころか、つい100年前でも現代のように甘いものがあふれていませんでした。糖質は効率的なエネルギー源ですが、そんなに簡単に手には入りませんでした。

なので、『糖質があれば、まず糖質を使え!他のものは、後から利用できるように蓄えておけ!』

という戦略は実に的を得ていたわけです。

しかし、現代では甘いものがあふれていて簡単に手に入るようになってしまいましたが、ヒトが進化してきた頃とは状況が変わり、我々の体のシステムが食生活に追いついていないといってもいいのかもしれません。

実はヒトもハイブリッド‽

ガソリンと電気のそれぞれをエネルギーにして自動車を動かすハイブリッドカーは、もうおなじみになりましたよね。

ヒトの体も、糖質をエネルギーにするしくみと体内の脂肪をエネルギーにするしくみを持っています。糖質があれば、糖質をエネルギーにする仕組みが優先的に働いて、それ以外のものは体内に脂肪として蓄えられます。

糖質をエネルギーにする仕組みだけで暮らせたとしたら、どんどん体内の脂肪は蓄積させれる一方だと思いませんか?実は、この脂肪をエネルギーにする仕組みをあまり利用できていないのが、現代人の肥満の原因の一要因ではないかということです。

では、どうすればよいのでしょうか?

簡単ですね、低糖質・低炭水化物の食生活に切り替えればよいのです

優先して利用される糖質を食べるのを控えて、なるべく早く体内の脂肪をエネルギーにする仕組みが利用されるようにする。すなわちロカボな食生活を送ればよいのです。

本当にカロリー制限は必要ないの?

糖質や炭水化物を多く含む食べ物をたべるのを減らすだけで、従来よく言われていたカロリーの制限は考えなくてもよいようです。

むしろカロリーを抑えるためにと取っていたダイエット食が逆にあなたを太らせていたかもしれませんよ。

例えば、ローカロリーをうたったものとして春雨スープがあります。春雨は糖質が多い食品で、春雨1袋(40g)で140kcalと低カロリーですが、糖質量は34.2gとほとんどが糖質となっています。

また、朝食の代わりに取っていたスムージーも、果物が多めだったとしたら糖質をたくさん取ることになりますね。痩せない原因は、実はそのスムージーなのかもしれませんよ。

カロリーではなく、糖質(食品の成分表示には『炭水化物』での表記の場合も)をいかに減らすかということを気を付けることになります。成分表示や本などで糖質量を気を付けてみるようになると、びっくりするぐらいの糖質を普段から取っているのかがわかりますよ。

このような本で糖質量を確認してみると驚きかもしれませんね。

どんな食べ物を食べればいいの

食べるのを控えたほうがよいものは、ざっくり言ってしまうと、主食類、果物、甘いもの全般、となります。

逆に、カロリー制限ではNGだったけどロカボダイエットで特に制限する必要がないものは、肉、魚、油類などです。

主食でよく食べられる、米、パン類や(小麦でできている)麺類などは、制限の対象になりますね。また海外だとジャガイモが主食として食べられますが、デンプン質が豊富なイモ類も制限の対象となります。

カロリーが高いと控えていた肉や魚などのタンパク質や脂質は、主食を減らした分を補うために積極的に取るべきだとされています。

果物も多くが制限されてしまいますが、アボカドなどはむしろ積極的に取るようにすすめられている食品の一つです。

ナッツなども高カロリーであることから、カロリーオフダイエットでは控えるように言われてきたと思いますが、ロカボダイエットではむしろ積極的に取ることをすすめられており、小腹が空いたときにつまむのに最適ですね。

“やす”のロカボダイエット

何事も極端なことはよくないと思うので、いきなり糖質や炭水化物をすべてカットする、というのはおすすめしません。やはり、食事はバランスよくいろんなものを食べるのが良いのではないでしょうか。

“やす”がやったことは主に次の3つです、

  • 朝昼晩のご飯やパンの量を1/3にする
  • 小腹がすいたらナッツ類を食べて、たまには糖質0をうたったチョコやクッキーを食べる
  • おかずの量を増やして(できればプラス1品)、肉や魚、キノコ類、野菜をたくさん食べる

基本的には、空腹に耐えながらという苦しさはありません。食べるものを選んで、お腹いっぱい食べています。この生活を2週間するだけで4kgやせました。

いままで体脂肪の貯えがたくさんあったということでもありますね

今のところ、一日の糖質量の目安を100gにしています。3食で30gずつ、間食で10gという感じです。間食で取る糖質の量も見込んでいれば、糖質の制限がある中でも間食をすることができます。コンビニでも低糖質のおやつをたくさん見つけられますよ。

ロカボダイエットをやってよかったこと

  • 体重が落ちた

これが一番ですね。お腹周りや背中、太ももが明らかに細くなりました。

肌荒れ(大人ニキビ)が減りました。タンパク質や脂肪を積極的に取っているからかもしれませ。

  • 納得しながら取り組めた

何事も続けるのは大変じゃないですか。まして、生活習慣を変えるなんてとっても大変ですよね。

カロリーオフのダイエットはなぜか腑に落ちなくてつらいだけ!という印象がありますが、ロカボダイエットはヒトの体のつくりや現代のゆがんだ食生活に原因があるなど、“やす”的には納得のできるダイエット方法だったので、大変な部分もありましたが続けることができました。

納得して取り組むって大事ですよね。

  • 子供の残り物を引き受けないと決めた

子供の残り物(主にご飯)をもったいないと食べていたのをやめる強力な理由ができました。いままでもやめようと思っても、もったいないの気持ちが強くてつい食べてしまっていたのがなくなりました。

子供っておかずばっかり食べて、ご飯を残すんですよね。

子供の残り物を引き受けないと決めたことが、痩せた一番の要因かもしれませんね。

  • 胃もたれや日中にぼーっとすることや偏頭痛が減った

続けていることで、ロカボの食事がやはりヒト本来の食事スタイルだと実感しています。

米などの主食類は消化に時間がかかるので胃の中の滞在時間が長いのです(だから腹持ちがよいと言われる)。夕飯を早い時間に食べられれば良いのですが、遅い時間にしか夕食を食べることができないので、夜遅くや次の日の朝まで胃が重い感じが続くことが多かったのですが、胃もたれはまったくなくなりましたね。

昼間のぼーっとした感覚や偏頭痛は、血統値が下がっているというサインだったようです。

低糖質の食事を続けると、血糖値が下がっているサインが出まくりになるのではと思うかもしれませんが、糖質が少ない状態が標準になってしまうと「甘いものをたべろ!」とサインを出すよりも、体脂肪を分解してエネルギーにするように切り替わるため、「甘いもの食べろサイン」も出なくなるようです。

  • 糖尿病予防にもなる

ロカボダイエットは、糖尿病の患者さん向けメニューの研究結果も反映されているので、糖尿病やその予備軍にはならないのではと期待しています。

困ったこと、大変なこと

  • 外食先を選ぶのが大変です

自分は、米、ラーメン、パスタをあまり食べたくない。でも、子供たちは糖質たくさんのメニューが大好きだし、お店やフードコートはそんな店であふれています。

なので、自分はおかずだけを単品で頼んだり、朝と夜で糖質量を調整することにしてあまり気にせず食べてしまうこともあります。外食で肉や魚料理を積極的に食べる場合には、塩分量の取りすぎには気を付けましょうね。

そうそう、ご飯(白米)をあまり食べなくなると、おかずの味付けの濃さがとっても気になります。なので、薄い味付けでも満足するようになりました。

  • 体のサイズがダウンして服があわなくなった

これはうれしい悲鳴ですね。

ベルトが緩くなったりして、ベルトは短くしなくてはいけなくなりました。まだ着られないってほどは痩せてませんが、服を買い替えるときには若い頃に着ていたサイズの服を選ぶようになるのでしょうかね。

  • お土産をもらった場合に食べられない

職場で一人一人に甘いお菓子やせんべいなどを手渡しでもらった場合は困りますね。

要らないというのも気が引けるので、家に持って帰って家族に渡します。もし、すぐに食べなきゃくいけない雰囲気だったら、「今日の間食分」と割り切って食べてしまいます。

そういえば、甘いものが大好きで間食は甘いものだらけだったのですが、ロカボダイエットを始めてからはあまり甘いものを食べたいという気持ちが少なくなりました。

これからも続けますロカボダイエット

ロカボダイエットに関しては、色々と賛否両論みたいですが、

無理のない範囲で食生活の改善をこのまま続けていきます

だって結果は出ていますからね。

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」というように、何事もホドホドが一番です。極端なダイエットは禁物です。ただ、塩分の取りすぎには気を付けたいですね。

もし、ロカボダイエットをやってみたいあなた、やる時には、これだけは買っておけというもの。

「ラカントS」カロリー0でもちろん糖質0の自然派甘味料

甘いものを控えても、「ラカントS」を砂糖代わりに使えば全然大変じゃありません。

まとめ

  • 糖質を制限するロカボダイエットはヤッさん的には効果があった
  • 二週間で4kg減と体重が減った
  • ロカボダイエットは糖質を制限するだけで、カロリーオフを必要以上に気にしなくてもよい
  • ラカントSは必須です!

※あくまで“やす”個人の結果について記載したもので、皆さんに同じような効果があることを保証するものではありません。また、糖質も必要な栄養素です、極端に摂取を制限したりせずにいろいろな食品から幅広く栄養を摂取しましょう。また、特定の病気にかかっているなどご自身の状況に応じて、医療機関や専門家の指導を仰ぐなどの適切な対処をしてください。

-ライフハック