当ページのリンクには広告が含まれています。 ライフハック

「馬を水辺に連れて行けても、水を飲ませることはできない」You can take a horse to the water, but you can't make him drink.

水辺で水を飲む馬

「馬を水辺に連れて行けても、水を飲ませることはできない」

You can take a horse to the water, but you can't make him drink.

英語のことわざですが、(良かれと思っても)他人に強制して何かをさせることはできない。

ひいては、馬(その人)自身が自らの意思で水を飲むように「やる気」を導いてやらなくてはならない。

そのような意味で使われることが多いと思います

相手の意思を尊重してますか

馬の例え話は、まさに「相手の意思を尊重する」ということに他なりません。

いくら相手のためを思って、その人の意思を無視して「あれがいい」「これしなさい」といっても、なかなかその人は動いてくれないでしょう。

馬は水を飲むのを拒むだけですが、あなたの大切な人は、水を飲むふりをして心では舌を出しているかもしれません。

それでは、良かれと思うあなたの気持ちも、ただの自己満足に過ぎなくなってしまいます。

そして、あなたの大切な人はあなたに感謝をするどころか、心の距離をとおざけてしまうでしょう。

“子供のため”を思って、「ちゃんと片付けなさい!」「勉強をしなさい」なんて言っていませんか?

“部下のため”を思って、「この案件はこう裁け」「資料はこう作るほうが良い」なんて言っていませんか?

いくら言い方がソフトでも、頭ごなしの内容ではその人の心には届いていないでしょう。

結局、それって誰のため?

水を飲むことを拒否されたあなたは、「あなたのためを思って言っているのに・・・」と落胆し、時には憤りを覚えるでしょう。

しかし、本当に「その人」のための助言だったのでしょうか?

僕自身のことを思い返すと、必死に言って、言われたとおりにやってくれなくて憤りを覚えている時ほど、その人のためもそうですが、それ以上に自分のために言っていたように思います。

子供に対して

「ちゃんと片付けなさい!」→ 散らかっているのを片付けるのは「わたし」

「何で勉強しないの?」→ 勉強しないとあなたの将来が心配で、将来まで面倒は見られない

部下に対して

「この案件はこう裁け」→ この件はオレのほうが知っている、言われたとおりにやってくれれば面倒が少ない

「資料はこう作るほうが良い」→ お前が作ったのを見ても、また作り直させるにきまっているのだから、言うとおりに作れば時間短縮だ!

どうでしょうか?心当たりはありましたか?

では、どうすればよいの?

言わないとやらないしね・・・

で、どうすればいいのよ、ってなりますね。

頭ごなしに言ってやらせても、同じことを毎回言っていませんか?

時間がかからないようにと口出しをしているのに、トータルの時間は結局長くなってないか?ってことはありませんか?

言われたほうは、最大限の抵抗をして時間稼ぎをしているのです。

そう「水を飲むふり」をしているのです。

では、どうしていけばよいのでしょうか?

必要なのは次の2点ではないでしょうか?

  • なぜ、それをやることが必要なのかを納得できるよう話し合う
  • いつでもサポートができることを伝えて見守る

次は、具体的に水を飲んでくれたことを別の記事で書きたいと思いますね。

-ライフハック