当ページのリンクには広告が含まれています。 マネー

楽天銀行では『ことら送金』ができないので口座間移動ならエアウォレットがおすすめ!

ことらは楽天銀行使える?エアウォレットを推奨

楽天銀行は『ことら送金』サービスには参加していなので、『ことら送金』を使うことはできません(2024年7月現在)

では、楽天銀行と他銀行の自分口座に手数料無料で送金することはできないのでしょうか?

「エアウォレット」なら手数料無料で送金できる可能性があります

エアウォレット(AirWALLET)とは

エアウォレットはリクルートと三菱UFJ銀行が共同でサービスを提供している送金アプリです。

エアウォレット

エアウォレット
posted withアプリーチ

「COIN+」にチャージすることで、支払いや送金ができるようになります。

エアウォレットに登録できる金融機関

口座間で現金を移動するためには、

自分名義の銀行口座でお金を送る先と受け取る先の両方が「エアウォレット」に登録できることが必要です。

楽天銀行とは別のもう一つの銀行が「エアウォレット」に対応しているかを確認しましょう。

< 登録できる金融機関 >

三菱UFJ銀行  ゆうちょ銀行  三井住友銀行
みずほ銀行  楽天銀行  住信SBIネット銀行
PayPay銀行

足利銀行阿波銀行イオン銀行愛媛銀行
大分銀行関西みらい銀行紀陽銀行京都銀行
熊本銀行群馬銀行埼玉りそな銀行佐賀銀行
滋賀銀行四国銀行七十七銀行十八親和銀行
十六銀行常陽銀行千葉銀行鳥取銀行
八十二銀行百五銀行百十四銀行広島銀行
福岡銀行北洋銀行北海道銀行宮崎銀行
武蔵野銀行横浜銀行りそな銀行琉球銀行
※2024年6月14日時点

エアウォレットのダウンロードと「COIN+」のアカウントを作成

もし、エアウォレットの登録がまだであれば、エアウォレットをダウンロードして、「COIN+」のアカウントを作成します。

「COIN+」とはチャージすることでバーコード決済ができるようになるサービスです。paypayや楽天payなどと似たサービスです。

エアウォレットは、「COIN+」を管理するアプリです。リクルートと三菱UFJ銀行が共同で運営しているサービスなので心配はありません。

エアウォレット
エアウォレット
posted withアプリーチ

エアウォレットの登録でPontaポイントをゲットすることができるキャンペーンをやっていることがあるようです。

2024年6月14日~2024年7月15日までに新規登録とチャージをすると、2,500Pontaポイントがもらえるキャンペーンが開催中です。

>>> キャンペーンページはこちらから。

エアウォレットで銀行口座間でお金を移動する

エアウォレットに金融機関を複数登録することで、自分自身の口座間で手数料無料でお金を移動させることができます。

送金の手順

  1. 送金をしたい銀行口座(A銀行)から送金したい金額分の「COIN+」をチャージします
  2. 「出金」ボタンを押して、「COIN+」にチャージした分から、お金として受け取りたい金額と銀行口座(B銀行)を選択する

A銀行の口座のお金で「COIN+」にチャージして、チャージ分をお金に戻す時に、A銀行とは別のB銀行の口座を指定すると手数料無料で口座間でお金が移動でき仕組みです。

これは裏技でも何でもなくて、エアウォレットの公式ページでも紹介されている方法なので、全く問題ありません。

金融機関を登録する

まず送金をしたい銀行口座(A銀行)と送金を受け取りたい銀行口座(B銀行)をそれぞれエアウォレットに追加します。

口座の追加は最初の1回だけです、次からはエアウォレット内で追加されている口座から選ぶだけです。

「COIN+」をチャージする

お金を移動するためには、「チャージ」ボタンで「COIN+」にチャージします。

この時、送金元であるA銀行(下図は、横浜銀行)の口座を選択して、移動したい金額分をチャージします。

「COIN+」から銀行口座へ「出金」する

「COIN+」にチャージした分をB銀行(下の図では、楽天銀行)の口座に移動します。

まず、「出金」ボタンを押します。

出金額と出金先の銀行口座(楽天銀行)を選択して、「出金内容を確認する」を押します。

このあと「出金を申請する」ボタンを押して、出金完了です。

実際に振り込まれるまで少し(半日~1営業日)待ちましょう。

振込までのタイミングは?

出金申請完了のタイミングにより、振込日が異なります。

出金申請のタイミング振込予定日
平日の午前10時まで
(土・日・祝日および12/31~1/3を除く)
当日中(午後)
上記以外翌営業日中(午後)
※処理の都合により、前後する場合があります。

『ことら送金』と『エアウォレット』の比較

ことら送金とエアウォレットについて、異なる自分の口座にお金を送る場合、という点での比較をしてみました。

ことら送金エアウォレット
対応金融機関数211の金融機関39の金融機関
特徴銀行のほか信用金庫で利用できる先が多いネット銀行でも使える先がある
ネット専業銀行みんなの銀行、ほか(拡大予定)楽天銀行、PayPay銀行、住信SBIネット銀行
ゆうちょ銀行×
送金にかかる時間ほぼ即時半日~翌営業日
1回の送金額10万円30万円
手数料無料無料

自分以外の口座にお金を送るには

親が子供仕送りを送るとか、飲み会で割り勘のお金を振り込む場合の話。

さすがに他人の銀行口座に直接お金を振り込むようなことはできません。

出金先に指定できるのは自分名義の口座だけとなっています。

だけど、「COIN+」の状態なら相手に送ることは可能です。

相手先がエアウォレットを使えるようにして、登録の電話番号やユーザー番号、QRコードを交換すれば「COIN+」を送ることができます。

受け取った人がエアウォレットが使える自分の銀行口座に出金すればよいだけです。

まとめ

『ことら送金』に対応している金融機関同士なら、ほぼ即時のお金の移動ができるので便利です。

ただし、楽天銀行やPayPay銀行は『ことら送金』に対応していないので利用できません

一方で、楽天銀行やPayPay銀行はエアウォレットに登録できます

エアウォレットに登録できる銀行同士なら手数料無料でお金の移動ができます。ただし、お金の移動に時間がかかる(半日~翌営業日)ので注意が必要です。

楽天銀行やPayPay銀行は、楽天グループやYahoo!(Softbank)のサービスを利用するためにサブバンクとして開設している人が多いのではないでしょうか?
メインの銀行がエアウォレットに登録できるのであれば、手数料無料でお金の移動が可能なので、エアウォレットを検討しても良いと思います。

  • エアウォレットに登録している銀行口座同士なら、手数料無料でお金の移動ができる。
  • お金の移動には、半日から翌営業日まで時間がかかるので注意が必要です。

おすすめ記事

PayPay銀行でもことら送金が使えないです

>>> 「PayPay銀行」愛用者必見!「ことら送金」は使えないので代替手段は「エアウォレット」!!

→ 横浜銀行の振込手数料無料がなくなった!でも、楽天銀行に振り込むにはエアウォレットが使えます!

-マネー
-, ,