当ページのリンクには広告が含まれています。 モチベーション

【言葉のちから】ピンクの象を想像しないでください

「ピンクの象を決して想像しないでください」

でも、あなたは思わず
ピンクの象を
思い浮かべたことでしょう。

人の脳の不思議

人の脳は、
肯定と否定を自由自在に操る
ことができません。

ピンクの象を・・・(何だっけ)

あっ、想像してはダメなんだっけ。

この瞬間にあなたの頭の中には、ピンクの象が姿を現れているのです。

ここで「〜するな」と言われても、頭の中では想像してしまっているのです。

なかには、
こうした脳の特性を悪用(!)して
人を騙すような人もいるようです。
(それほど効き目があるということ)

ポジティブな声掛けとは?

一方で、
幼児教育や人材育成などの面で、
この脳の仕組みを
ポジティブに活かすこともできます。

よくない声掛けの例

たとえば、
子供にジュースの入った
コップを運ばせるときに
「ジュースをこぼさないようにね!」
と指示したとすると、
その子の脳には、
ジュースをこぼしたときの
イメージが浮かびます。

脳がイメージしたものは、
具現化しやすくなります。

仮に、毎日毎日、同じように
「ジュースをこぼさないようにね!」
と指示したとすると、
コップを運ぶたびに、
その子は、ジュースをこぼす様子を
思い浮かべることになります。

そして、実際に
こぼしまくるでしょう(笑)

笑い事ではありません。
恐ろしい話です……。

良い声掛けの例

では、ジュースを入った
コップを運ばせるときに、
何と言えばいいのでしょうか。

「カッコよく運ぼうね!」
「いつもうまく運べるねー」
「スムーズに運べてスゴいね!」
……などであればOKです。

カッコよく運ぶイメージが、
脳に刷り込まれるからです。
こぼす確率も低くなります。

まとめ

あなたは、自分の子どもに
あるいは、自分の部下に
どういう言葉をかけていますか?

子どもや部下が、ミスばかりするのは、
もしかしたら、あなたの声がけの影響かもしれません。

どうせかけるなら、いいイメージを抱く言葉をかけるようにしましょう。

-モチベーション