当ページのリンクには広告が含まれています。 ライフハック

ハロウィンって何?起源や由来、かぼちゃのランタンは何?なぜ仮装するの?

halloween

すっかり日本でも定番となったハロウィン(Halloween)ですが、よく耳にするようになったので、何となく知っている人は多いと思います。キリスト教のお祭り?お菓子をもらえる子供向けのイベント?知っているようで分かっていなかったので調べてみました。

ハロウィンとは何?

ハロウィン(もしくは、ハロウィーン)は、古代ケルトの人たちが起源のお祭りです。毎年10月31日に行われるが、これは古代ケルト人の一年の終わりが10月31日だったからです。この時期に、秋の収穫のお祝いと先祖の霊を迎える行事です。

日本で言うところのお盆にあたる行事になります。

この時期になると、先祖の霊があの世から家族に会いに戻ってくると信じられていました。しかし、悪霊も一緒にやってきて、作物に悪い影響を与えたり子供をさらったりといった災いをもたらすとも考えられていました。不作や子供が亡くなってしまう原因と考えられていたのです。

そこで、悪霊を驚かせて追い払うことで、農作物がたくさん収穫できるように、家族が安心して暮らせるようにと始まったお祭りですが、宗教的な意味は薄れて大人から子供まで楽しめるイベントとして知られていますね。

アメリカの漫画ピーナッツ(スヌーピーのこと)では、登場人物のライナスが、毎年毎年ハロウィンの日に「かぼちゃ大王」が現れるの待ち焦がれる様子を描かれていることから、アメリカでも広く浸透しているようです。もともとは、古代ケルト人のお祭りとして始まり、その後キリスト教圏に広がっていったようです。

合言葉は「トリック オア トリート!(Trick or Treat!)」

ハロウィンといえば、「トリック オア トリート!(Trick or Treat!)」と言いながら、家やお店を訪ねてお菓子をもらうのが恒例です。

「トリック オア トリート!(Trick or Treat!)」の意味は、「ごちそうをくれないといたずらしちゃうぞ!!」ということです、これも随分と定着しましたね。訪ねてくる子供たちのために山ほどお菓子を準備したのに、足りなくなって慌てて買いに走ったよー、なんて話も聞きます。

子供たちの言う「いたずらしちゃうよー」って「悪霊たち」の言葉なんですね。子供たちはただまねっこをしているだけなのです。「トリック オア トリート!」のトリックは、かわいい「いたずら」ではありません。次の一年間、この家に取り付いてやるー、ということなんですね。ちょっとドキドキしますね。

お菓子を上げるから、悪霊よ去れ!ということなのですね。もしも、お菓子をあげても去ってくれないとしたらどうしましょうか?そこで、かぼちゃのランタンの出番なのです。

ハロウィンのかぼちゃのランタン「ジャック・オー・ランタン」とは

Jack-o'-Lantern

もう一つハロウィンといえば、「ジャック・オー・ランタン」です。「ジャック・オー・ランタン」とはかぼちゃをくりぬいて顔っぽくして作ったあのランタンのことです(最近まで、その名前を知りませんでした…)。

「ジャック・オー・ランタン」は英語で Jack-o'-Lantern と書いて”ランタンを持つ男”という意味です。Jackとは単に男の人を意味するので、日本では「太郎」みたいな感じですかね、日本だと「ランタン太郎」ってことでしょうか。

ジャック・オー・ランタンは、怖い顔になるようにくりぬかれていることも多いのですが、実は悪霊を追い払う力があるとされます。てっきり、こいつが悪い奴かと思っていたらそうではなかったんですね。

お菓子を上げても去ってくれなかった悪霊が、家の中に入ってこない様にジャック・オー・ランタンが見張ってくれているのですね。

ハロウィンではなぜ仮装するの?

halloween

ハロウィンといえば、仮装を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?普段は大人は仮装できないディズニーランドでも、この時期だけは仮装してパークに入ることができますよね。

なぜ、ハロウィンと言えば仮装なのでしょうか?

ハロウィンの時期に、先祖の霊と一緒に悪霊がやってきます。悪霊に取り付かれないように、悪霊が怖がるような魔女やがい骨、ゾンビ、ゴーストといった怪物などに仮装して、悪霊が驚かせて災いを遠ざけるようにしていたいたんですね。また、仮想して悪霊の仲間と思わせて悪さをされないようにしているともいいます。

今では、いろんなところでハロウィンで仮装行列を楽しめますね。

https://www.walkerplus.com/search/halloween/

マナーを守って、ハロウィンを楽しんでくださいね。

-ライフハック